選抜優勝予想大阪桐蔭対履正社!決勝無敗の大阪桐蔭か履正社初優勝か

yjimage[3]

どうも
燃える甲子園です

今日の選抜大会準決勝では
履正社と大阪桐蔭が勝ち
明日の決勝戦は史上初の
大阪勢同士の対決となりました。

それにしても両チーム共に
優勝候補の評判通りに
決勝まで勝ち残ったのは
本当にスゴイとしか
言いようがないです。

甲子園は良く「魔物が住む」と
言われて前評判の高いチームが
評判通りに勝ち進むのは
難しいと言われていますから。

履正社か?
大阪桐蔭か?

この決勝を争う両チームの内
1チームは夏の甲子園には
出れないんですよね。

おそらく再来年の夏は
高校野球100周年なので
大阪2校の可能性は有りますが。

激闘必至の決勝戦となるでしょうが
早速僕なりに予想してみました。

秋季大阪大会では履正社が勝利している

実は大阪桐蔭と履正社は
昨年秋の大阪大会の準決勝
直接対決しています。

その時のスコアは
下記の通りです。

履正社 7-4 大阪桐蔭

桐蔭|100|000|300| = 4
履正|010|303|00x| = 7

(桐)徳山、香川、井上、横川、根尾
(履)竹田

この試合は僕も見て居たのですが
大阪桐蔭の投手陣が自滅した感じです。

先発は徳山君でしたが
前半に早くも捕まり
その後は何人も継投しましたが
失点は防ぎきれずに敗退。

履正社の竹田君も終盤に打たれ
ましたが何とか完投勝利・・・
という試合でした。

まぁ昨年10月の試合ですし
両チームの今の状態は
明らかに半年経って変わって
いますから余り参考には
ならないですね。

ただこの時の敗戦によって
大阪桐蔭のチーム全体に
火が付いたのは事実です。

なぜなら大阪桐蔭は
秋の大阪大会では3位通過
近畿大会へ進出しましたので
近畿地区で最低でもベスト4に
残らないと選抜は絶望と言われて
いたのです。

現に近畿大会では履正社が優勝
大阪桐蔭はベスト4
上宮太子(大阪優勝)は
ベスト8で選抜漏れ・・・。
(同一県で3校の選出は無し)

レベルの高さは全国有数と
昨年の秋から言われていた大阪地区。

明日のポイントは幾つか
有ると思いますが先ずは投手陣

先発は おそらく両チームの
エースが来ると予想します。

大阪桐蔭・徳山君
履正社・竹田君

ただ両投手ともに連投で
かなり今日の投球でも
終盤に疲れが見えました。

特に竹田君は一時は試合を
逆転されましたから。

この両エースの出来が明日の
最大のカギと見ます。

徳山君も竹田君も本調子なら
いくら強打戦でも簡単には
打てない投手です。

ただ今日の終盤の投球を
見て居ると相手打線に捕まる
可能性も充分あります。

その時に継投策となるのですが
ここが勝負の分かれ目と見ます。

大阪桐蔭は仮に徳山君が
降板した時には井上君・香川君
出てくるハズです。

根尾君は最後の最後まで
取っておいて出来れば
最後のリリーフとして
西谷監督は考えているハズ。

一方の履正社は仮に竹田君が
降板した時に継投策で困るかも?
しれないです。

・・・というのは今日先発した
松井君と田中君が控えますが
どちらも投球内容には不安が
残ります。

大阪桐蔭の井上君・香川君も
今大会は出来は良くないです。

・・・となると先発投手が
降板した時点で かなり勝敗の
行方が決まる可能性が高いと
僕は予想しています。

逆に言うと控え投手よりも
相手打線の方が共に上回る
のではないか?と。

ですから大きく勝敗を分ける
ポイントは先発投手が
どこまで粘れるか?になります。


打線は履正社が上回るか?

今日の履正社戦を見て
やはり3番安田君と4番若林君
全国トップクラスの打者です。

今日の試合でも若林君が
9回に打ちましたからね。

その勢いもありますので
打線は履正社が若干上かと?

大阪桐蔭の不安は
スーパー1年生の内
1番・藤原君
5番・根尾君・・・の
調子が今一つなこと。

逆に山田君は初戦でホームランを
放ってから好調を維持して
今の大阪桐蔭の中では
一番要注意の打者。

藤原君と根尾君が
明日いつも通りの打撃が
出来ないと大阪桐蔭は
苦しい展開になると
予想します。

勝つのは大阪桐蔭か?履正社か?

昨年の決勝戦の
智辯学園対高松商
素晴らしい試合でしたが
今回は それを上回る
試合になる予感がします。

大阪桐蔭の心強いデータとしては
先ず過去の甲子園決勝で5勝0敗
の成績を残していること。

大阪桐蔭の決勝での強さは
過去最強ではないのでしょうか?

そして これは何度も書いてますが
履正社としては気になるデータ
ですけど過去の明治神宮大会優勝
チーム(過去20年間)で選抜も
優勝したのは2校だけです。

昨年の高松商も明治神宮大会優勝で
選抜決勝まで行きながらも敗退
しましたから如何に難しい快挙か?が
分かります。

履正社としては大阪桐蔭が
甲子園決勝で負けていないこと
明治神宮大会優勝校が選抜で苦戦
していることは当然知っている
ことでしょう。

それも全て踏まえての
明日の優勝予想ですが・・・。

履正社有利の声が多いですね。

履正社の弱点と言われた
「追い掛ける展開になった時」
・・・でも今大会では初戦の日大三
或いは今日の報徳学園戦でも
驚異的な粘りで逆転・・・と
秋の段階では見られなかった
勝負強さを感じます。

総合的に見ると やはり履正社が
上回っている感じは正直します。

ただし。

敢えて僕は大阪桐蔭優勝
予想します。

大阪桐蔭のスーパー1年生と
呼ばれる選手が沢山メンバー入り
してますけど確かに経験不足の面も
有るかも知れないですが
それを上回る勢いを感じます。

1年生とは言え殆どのメンバーは
世界大会で戦った選手です。

明日の決勝と言う大舞台でも
萎縮することなく逆に力を
発揮しそうな気がするんです。

特に先述した藤原君と根尾君が。

藤原君も根尾君も秀岳館の
今日の試合では共に無安打
そして三振も二つずつ。

このまま終わる選手とは
思えないんですよね。

特に根尾君が。

秋には4番も打っていた根尾君が
今日の打順は7番。
守備でも精彩を欠いた場面も
有りました。

西谷監督が根尾君の一番イイところは
精神的に強いことだと言われています。

普通の選手なら今日の試合を
引きずるところでしようが
逆に それをバネにしてくる
選手だと僕は見て居ます。

西谷監督が言われる通り
若いチームゆえの粗さも
ありますがこういう短期決戦では
勢いが粗さを打ち消すことがあります。

高校野球100周年の来年は
全国制覇間違いなしと
言われている大阪桐蔭が
1年前倒しで全国制覇すると
予想します。

とにかく明日で最後ですから
総力戦の素晴らしい試合を
期待します。

今日も 最後まで
お読み下さり 有難うございました。

では また次回!!!

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る